第30回伊豆大島トライアスロン大会参戦してきました PART1

どうも、zerocoです。

週末は伊豆大島トライアスロン大会に参戦してきました!

とりあえず無事帰ってきましたのでレポート書きまーす。


●出航まで

入梅もして、台風5号も発生して、どうなることかとひやひや。
それでなくても、大島はデュアスロンになることが多いと聞いてるし。

まずわたしにとっての第一関門。
初輪行。

輪行袋にいれる練習はしてたので、そこまでは手間取らず。
ただ、家から出ると、うまく持てない。
肩は痛いし、なんかお尻に当たるし(たぶんハンドル)
駅までいつもの倍の時間をかけて歩きました。
駅まで自走して、駅で袋に入れるのが正解??

金曜23時半横浜大さん橋出発のさるびあ丸で出発なので、日本大通り駅で下車。
雨が降り始めてしまった。。
傘をさす余裕はなく、濡れながら大さん橋まで。
輪行バッグ持つのって大変。これにも慣れと技術が必要そう。

着くと、一緒に参戦する仲間とも合流できて一安心。

出航前には大雨、雷も鳴っていて、この先が不安。。
IMG_2941.JPG



●宿到着まで

さるびあ丸に乗船。
24時からレストランが無料開放になるということで、買った缶ビールを持ち込んでみんなと乾杯。
もちろん翌日レースなのでわたしは1缶のみ。

その後、寝る為に自分の場所へ。
特2等で、カーテンで仕切られた2段ベッドエリア。
船の毛布はダニがやばい、と聞いてたので、毛布は足元に置いて就寝。途中少し寒かったけど、毛布は使用せず。
何度もおきたけど、まぁまぁ眠れたかな。

大島着の放送が流れて、起床。
大島の天気は晴れ。

元町港ではなくて、岡田港着。
元町港だと、会場やホテルに近いけど、岡田港だと移動しないといけない。


船から降りると、仲間の中でのバスで向かう人、タクシーで向かう人、自走、さまざま。
わたしたち夫婦は自走で行く先輩仲間についていかせてもらうことに。

さあ、輪行袋から出して組み立てないと。
あまりお待たせできないので、急いで組み立て。
慣れてる人はあっという間に組み立てて、袋もいつのまにか片付けていてすごい。

あせりながらもセッティング。

走り出してすぐ上り坂。
重いリュックを背負っての坂は目が覚める~。
まぁまぁの運動になりました。

宿はホテル赤門。
トライアスロンの大会会場に近くて抜群のロケーション。


●スタートまで

大島大会は午後スタートの大会。
当日朝ジェット船で来ても間に合うような時間帯。
大型船で着くと、スタートまではけっこう時間が空く。

朝ごはんを食べに行ったあと、海を見てみる。
けっこううねってる。
これは、スイムないかもね。という人もいれば、大島では良い方、という人も。
スイム苦手なわたしはこんな海で泳げるのか不安でいっぱい。
これならスイムなしになって欲しい、と思ったのは事実。


その後早めに部屋を準備してくれたので、部屋でのんびり。
まったりしすぎて、このあとレースをする感じではなくなってしまった。

少しずつ風もおさまってるようで、海の状況も良くなってきているという話。
これは珍しく3種開催されそうか?
今までも直前になくなることもあったみたいなので、ぎりぎりまで分からないけど。

IMG_2945.JPG
受付もすませて、あとはスタート会場に行くだけ。


トランジションセッティングして、スタート場所へ。
どうやらトライアスロンとして決行のよう。
大島では良い方という海も、わたしにはハードな海に見える。
ドキドキがバクバクに変わってくる。


さぁ、スタートですが、次に続きます~。

ポチッと応援ありがとうございます。励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

台風気をつけましょう。

------------

スポンサーリンク


この記事へのコメント

  • sunosuno4

    伊豆大島トライアスロンお疲れさまでした!
    輪行トライアスロンですか。しかも船!
    なかなかチャレンジングなレースですね~。
    レポート楽しみにしてます!
    2018年06月12日 00:28
  • zeroco



    >sunosuno4さん
    >
    sunosuno4さんもお疲れさまでした。
    送ると高額なんで、輪行しかなかったんです。
    慣れるまでには時間がかかりそうです。
    大さん橋まで車で行って、車は駐車場に停めておく、というのが一番良いのかもしれません。
    2018年06月12日 12:31