2018佐渡B①スタートまで

どうも、zerocoです。

佐渡国際トライアスロン大会のレポートを書きたいと思います。

金曜日、佐渡に向けて出発。

始発電車に乗って東京駅へ。
早い出発にしたのは、ラッシュを避けたいというところから。
駅まで自走で行って、そこから輪行。
家を出るときはまだ薄暗い感じでバイクのライトが必要でした。
とりあえず無事に佐渡に着くことだけを考えて。

新幹線は車両の端っこの席を取っていたので、輪行バッグは座席の後ろに。
朝ごはんを食べて、大会パンフレットを見たり、ちょっと仮眠したりしてすごしました。
あっという間に新潟。
新潟に近づくにつれどんどん天気が悪くなる。
この日は新潟の方は、警報なども出るくらい悪天候。

雨だったから、タクシーかバスで港まで行こう、ということになったんですが、どちらも行列。
並んでいると最悪フェリーに乗り遅れる可能性もあるので、ここも濡れることを承知で自走。
風もけっこう強かった。
IMG_3579.JPG

でもフェリーにもなんとか間に合い、これで一安心。
天候のせいでフェリーはけっこう揺れました。


佐渡の両津港に着くと、ホテルのシャトルバスに乗車。
ホテルは新しくできた たびのホテル佐渡 というところ。

この日は、選手登録受付、競技説明会を済ませました。
これでとりあえずやるべき手続きはしました。

その後島祭りPartyへ。
IMG_3450.JPG
IMG_3452.JPG
食べ過ぎました。。。


翌日はBのバイクコースの難所となる小木の坂へ車で連れてってもらって視察。
これはやっておいて良かったなーと後で感じました。
どこまで坂がきつい、とかそういう心構えができたので。
あとはバイクに少し乗ったり、レースの準備。
レースが明日にせまってきていて、なんだか不安と緊張とかいろんなものが入り乱れフワフワした気分でした。

さぁそんなこんなでついにレース当日です。
Bのスタートは7時半。
5時にはホテルを出ようということで、4時前に起床。
朝ごはんは4時ごろに買っておいたおにぎりとパン。

会場までは自走。約5キロ。
会場に着くと、まずはトランジションエリアへ。
荷物をある程度セッティングして、ボディマーキングへ。

そしてAタイプのスタート。

今回は十数名のグループでしたが、Aはわたしとだんなのみ。あとはみんなAタイプ。
なので、Aのスタートを見ながら自分の緊張もどんどん高まります。

もうすぐそこに自分のスタートがせまっているのが現実なのかなんなのか、という気分です。

すごく暑くなるようなら、日差しを少しでも避ける為、バイクのときトライウェアの上にバイクウェアを着ようか、とかいろいろ考えていましたが、この日はそこまで気温も高くなかったので、トライウェアのみで行くことにしました。

ウェットも着て、スイムチェック、試泳へ。
もうここまで来たらスタートするのみ。

海へ入ってみると、動いていないと寒いくらいだったけど、たぶんこれくらいがちょうどいい感じ。
あ、書き忘れましたが、前日の朝起きたときに寝違えていて、首が痛い。
で、当日朝もまだ痛い。
動かせないほどの痛みではないですが、首の痛みから頭痛とかあったので、ナロンエースを飲んだのと、念のためロキソニンをトランジションに準備してました。
泳いでみると、多少の痛みはあるけど、レース始まったら忘れちゃいそうだな、くらいの感じでちょっとホッ。

そしてスタート待ちです。

ついにこのときが。
出場が決まったときからこれに向けてトレーニングしてきたので(思ったようにできてない部分もあるけど)あとは楽しむのみ!!
佐渡を楽しむしかない!!!!!


ポチッと応援ありがとうございます。励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

今日もがんばりましょう!

------------

スポンサーリンク


この記事へのコメント

  • LEGO

    zerocoさん、こんばんは。
    自走での移動もあって大変でしたね。
    初めて出場する大会は、移動や手続きの不安やバタバタがある中で、レースのドキドキもあって、zerocoさんが記載されているようにフワフワした感じになりますね。
    次のスイムパート楽しみにしてます^ ^
    2018年09月07日 19:39
  • zeroco



    >LEGOさん

    ですよね。行ったこともないし、出たこともないところはイメージできずに大変ですよね。
    そういうのも楽しむしかないんでしょうね~。
    2018年09月08日 10:13