第35回宮古島トライアスロンの記録①

どうも、zerocoです。

だいぶ日がたってしまいましたが、宮古島のこと忘れないように、簡単ですが書きます。
また自分も出たいと思っているので、出れるときのための記録。


その前に、わたしは足の疲労骨折が完治していないのにどうしたのか、ということですが、自分の中でバイクの完走までは目指そうという気持ちで宮古へ向かいました。



事前準備

一番のネックはバイクを運ぶ方法。
値段的に一番安いのは、当日飛行機に乗せる方法。
でも空港まで持って行かないとだし、荷物が多くなると別送になる可能性あるらしいし。
といろいろ考えた結果、サイクリングヤマト便を使用することにしました。

203㎝の箱までしかダメなので、バイクポータープロの箱をご近所のトライアスロン先輩に借りました。
しかし、これにどうやっていれるのか。
もちろん前輪後輪外しただけでは入りません。
バイクショップに頼んで教えてもらって、何度か練習。

DHバーは外す
ハンドル外す
サドル下げる
前輪後輪外す
ディレーラー外す

という感じでなんとか収納。
慣れないことでダンナとあれやこれや時間かかりましたが、勉強になりました。
IMG_4878.JPG

陸送になるので、時間がかかるらしく、最長8日と言われました。
宮古島に自分たちが着くのが12日だったので、3日に発送。11日にネットで調べたら到着していたので、10日11日に到着したものと思われます。
ちなみに帰りは15日に宮古島で発送。家に届いたのは23日でした。



宮古島行ってからの準備など
金曜日入りしました。
到着したら、レンタカーを借りてからJTAドームへ行って選手登録受付と思っていたけど、レンタカー屋さんが空港へ来てくれていて、まだ他の方も待っている時間もあったのでわたしたちは先にJTAドーム行って、自分たちでレンタカー屋に行きます、と伝えJTAドームへ。
JTAドームは空港から歩いてすぐ。
受付も混むことはなくスムーズ。

レンタカー屋までは少し距離ありましたが、宮古島を散歩する気分で移動。
レンタカーを借りてホテルへ。
ホテルへ着くと、さっそく届いていたバイクを組み立て。これにまた時間がかかる。

その後レンタカーで競技説明会、開会式・ワイドーパーティーのあるJTAドームへ。
IMG_4935.JPG
ワイドーパーティーはそこそこにトライアスロンチームの決起会があったので、一度ホテルへ戻り、お店へ。
前日ではないけど、緊張と少し頭痛もあり、アルコールは少しにしておきました。
ダンナはみんなと宮古そば食べに行きましたが、わたしは頭痛のため先にホテルへ。

大会前日の土曜日の朝は、大会と同じ時間に試泳するということで、スイム会場の宮古島東急ホテル&リゾーツへ。
けっこうたくさんの人たちが泳ぎに来てました。
泳いでみると、腕が重くてなんだか少し不安に。
でも曇ってはいても水はきれい。落ち着けば大丈夫、という気持ちにも。

あとは前日組み立てたバイクを試してみるため、伊良部島までバイクで。
IMG_4939.JPG

バイクの預託もしないといけないので、準備して預託へ。
預託にはナンバーシールをバイク、ヘルメットに貼って、ボトルを2本持っていくことが必須です。
ボトルはチェック後持って帰ることは可能。
雨が予想されてたので、100均で買っておいたバイクカバーをしておきました。

こんな感じでバタバタバタバタあっという間です。大会までのんびりしてるヒマはなかった。
できれば次回は木曜日入りしたいところです。

大会当日スタートまで
朝の移動は大会の臨時バスを考えていましたが、ホテルでシャトルバスを出してくれるということで、4:30の便を予約済み。
朝ごはん食べたりもあるので、3時半くらいには起床。
まぁ普通に眠れたような気がします。
朝ごはんはスーパーで買った食パンとバナナ。

それにしてもロングともなると持ち物多いな。
ホテルのバスを頼んでおいて良かった。

そして天気が。。
出発のときはそれほどではなかったけど、バイクトランジションの準備に行ってみるとどしゃぶり!!!
もうどうしていいか分からないくらいの雨。
とりあえずボトルをセットして、カバーをとってサドルバックなどもセット。
すぐにバイクもびしょ濡れ。

テントの下に選手がひしめき合っている感じ。
みんな天気を心配しながらも、少しずつ準備をしつつ。。
バケツをひっくり返したような雨ってやつです。
いろいろ不安に。。周りからはデュアスロンという言葉もちらほら聞こえてくる。
スイムは苦手だけど、せっかく宮古だから泳ぎたいし、そもそも足に不安のあるわたしはデュアスロンは困る。。
最初に痛めてしまったら元も子もない。

予定通り3種行う、と放送が入ったときは拍手が起こってました。
そう決まればわさわさスタート準備へ向けてみんな動きも早くなる。
わたしたちもスイム会場へ行って試泳も済ませた。
何人か仲間も見つけて少し安心。

スタート位置は内側から1時間以内、1時間以上、ゆっくりペース、のような感じで区分されてたので、1時間以上のところにとりあえず並ぶ。
雨は相変わらず降ったまま。
大きな雨雲が近づいていて、視界不良の心配もあるとのことで、スタートを15分遅らせるとのアナウンス。
寒くなりそうで不安だったけど、こればかりはしょうがない。待つしかない。
そんなこんなでスイムスタートです。


ポチッと応援ありがとうございます。励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
今日もがんばりましょう!

------------ スポンサーリンク

この記事へのコメント

  • sunosuno

    ゼロコさん、宮古島お疲れ様でした。
    私はソロ参加で何もかも初めてで行き当たりばったりでしたが、現地ホテルでベテラン選手(←その人はなんと33位)と知り合いになり、いろいろ手ほどきしてもらって助かりました。
    ワイドーパーティーお会いできましたが、なんか全然お話とかできませんでしたね(笑)
    レンタカー借りたんですね。レース以外にもいろいろ移動出来て便利そうですね。
    2019年05月06日 19:24
  • zeroco



    >sunosunoさん
    >
    おつかれさまでした。
    もう少しお話できれば良かったですが、初ロングレース前でわたしは気持ちがフワフワしてしまっていて落ち着きない状態だったのでなんかすみません。
    それにしてもソロ参加すごいです。どのあたりのホテルでした?どのあたりに泊まるのが良いんでしょうね~。
    2019年05月09日 22:40
  • sunosuno4

    ホテルは、ライジングサン宮古島というとこです。24時間営業のマックスバリュの向かいで、スイム会場もJTAドームもそれなりに近いです。また、ゴールからも歩いて帰れるとこでしたよ。おかげで到着と出発以外でタクシー使ったくらいで、それ以外はバイクと巡回バスで移動できました。
    ホテルも築浅でバルコニーがあったので洗濯物も干せました。
    来年のご参考まで。
    2019年05月12日 18:43