カフェイン効果

どうも、zerocoです。

カフェインの効果について考えてみた。

それというのも、今回の佐渡Aにカフェイン効果かと思われることがあったからだ。

何年か前からフルマラソンとか、トライアスロンの大会前はカフェインを控えるようにはしている。
(控えてないときもあるけど)
12時間くらいすればカフェインは排出されると聞いたことがあるので、前日はコーヒーなど飲まないようにすることが多い。


理由としては、まずはレース中の利尿作用を少しでも抑えたいという理由。
もう一つは、レース後半でカフェインを注入したときに効果が出るように。

フルマラソンでも後半はカフェイン入りのジェルを飲んだりしていたけど、今まで効果を実感したことがなかった。
でも、今回の佐渡と、少し前に行ったバイク練でカフェイン効果を感じることがあった。


●バイク練(7月ごろの話)
道志道を通って山中湖へ行く約190キロのライド。
帰り疲れ果てているところでコンビニでコカ・コーラ エナジーを飲んだ。
飲んだことなかったので買ってみた、程度だったんだけど。
味は、普通のコーラのがおいしいな、って感じ。
でもその後なんか元気出てきて、そのあとの坂もがんばれた。
これってコカ・コーラ エナジー効果かも??って思った。


●今回の佐渡Aラン
21キロ地点でカフェイン入りジェル(ウィンゾーンWINZONE)
31.5キロ地点でもカフェイン入りジェル(ウィンゾーンWINZONE)
エイドのコーラも飲んだ。
あのロングの距離の中、ランの残り7キロから力強く走れたのはカフェイン効果なのかもしれない。
自分でも不思議なくらい走れた。



いろいろ読んだり聞いたりしたことから考えてみる。

カフェインが血液に循環するのは20~30分後らしい。
効果のピークは45分~1時間後くらい。
効果は4~5時間は続くらしい。(ピークから濃度が減って半減するのに4~5時間)

21キロ地点で飲んだら、30分後はキロ6分くらいのペースだと26キロ地点(ピークは30キロくらい?)
飲むタイミングとして遅かったのでは?とも思ったけど、こうやって考えると、最後の苦しいときにちょうど効果が表れたような気もする。


カフェインの量としてはどうなんだろう。

運動のパフォーマンス向上のための量としては体重1㎏あたりカフェイン3㎎~6㎎とると良いらしい。

WINZONEのカフェイン入りは1つでカフェイン50㎎
コカ・コーラエナジー250ml缶 カフェインは80㎎
では、モンスターエナジーは 355ml缶 142㎎

こう見るとWINZONEのカフェインはそんなに多くないな、と思うけど、Magonのカフェイン入りは25mgだった。
モンスターが多すぎるのかも。
200㎎とっても量的には良さそうなので、今後どのタイミングでどれくらいとるか、何でとるか、というのも考えてみたい。
とりすぎることでのデメリットもあるので、注意も必要ですね。


佐渡が終わっても頭はまだ切り替えできずボーっとしてます。
IMG_5876.JPG


WINZONEはジェルタイプでも液体っぽくて飲みやすいので好きです。
 

ポチッと応援ありがとうございます。励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
またがんばります!
------------ スポンサーリンク

この記事へのコメント