骨密度測定

どうも、zerocoです。

先日骨密度測定をしてもらいました。

私的には疲労骨折2度して、今回も骨折ということだったので骨密度に不安がある、と話しました。
(以前、疲労骨折2度した話をまわりの人にしたときに、同じ場所ならクセになっている、ということも言えるけど、違う場所だから骨密度の心配がありますね、という意見がありました。)

先生は、可能性はゼロではないけど、疲労骨折してもおかしくないトレーニングしてたんですよね?
骨密度の検査は実費になるし、市の検診で安くできるときにする方法もありますよ、と言われました。

確かにトレーニングはしてましたが。。
市の検診は40、45、50歳などの区切りの年齢と決まっているので、今すぐには受けられません。

なので、やっぱり測定したい、と伝えてしてもらいました。


DXA法
骨に2種類のX線を当てて、骨を通過できなかったX線の量から骨密度を測定する方法で、信頼度が高いといわれている。
腰椎と大腿骨頸部の2ヶ所を測定。

測定方法は他にもあるようですが、わたしの行っている病院では、DXA法によるものでした。
測定自体は寝ているだけで、1か所に1分ないくらいの測定時間なので、準備など含めても10分かからないくらいです。

あと血液検査もしました。
血液検査の有無は選べましたが、念のため血液検査もやってもらうことに。


結果は次の足の検診のときに一緒に、ということで、今日病院に行ってまいりました。


足の検診はレントゲンを撮って、ずれたりしていないので、順調に良くなってきているとのこと。
松葉杖生活はまだ続きます。。



で、骨密度測定の結果ですが、少し低いということ。

腰椎 若年成人の平均骨密度と比較すると 85%
   同じ年齢の骨密度と比較すると   85%
  ※腰椎の場合は若年成人が20~44歳なのでどちらも同じ85%なんですかね。

大腿骨 若年成人の平均骨密度と比較すると 87%
    同じ年齢の骨密度と比較すると   91%
  ※大腿骨は若年成人20~29歳


IMG_5896.JPG
やや骨密度が少ない という黄色ゾーンにギリギリ入ってしまっているところです。

えええ。やっぱり低いんだ。
ショックです。


血液検査では、骨代謝マーカーを測定します。
骨形成マーカー、骨吸収マーカーといのを測定。
これは正常範囲内ではありました。
でもビタミンDが少し不足の状態だと言われました。


ショックでしたが、カルシウム、ビタミンDをたくさん取るように心がけます。
食事を気を付けるのと、日光浴するのもいいって言われたけど、日光はかなり浴びている方だと思う。。


と、いうことで、身体が第一。
食事を気を付けたいと思います!!!

ポチッと応援ありがとうございます。励みになります!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ  
がんばりましょう!
------------ スポンサーリンク

この記事へのコメント